【主婦必見】たまごの賞味期限の真実【最長2ヶ月弱】

おすすめしたい事

生卵の賞味期限

あなたの認識で生卵の賞味期限ってどのくらいの印象ですか?

生で食べるなら3日。

火を通すのなら1週間。

私もそう思っていました、この記事を書くまでは。

厳密に言うとある事実を知ってこの記事を書いています。

その事実と言うのは

生卵、殻を割らなければ2ヶ月は食べられる!!

ということ。

もちろん生の状態で。

これを知ったのは以下の記事を読んだことがきっかけです。

東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済情報、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。

根拠は以下のリンク(日本卵業協会)

日本卵業協会

それによると

卵の賞味期限は夏期(7~9月)が産卵後16日以内、春秋期(4~6月、10~11月)が産卵後25日以内、冬季(12~3月)が産卵後57日以内

日本卵業協会より

つまりこの時期(1月)なら57日間は食べることが出来るのです。

生で57日間。その理由は?

まず前提条件として以下の3点が挙げられます。

  • 生卵であること
  • 殻を割っていないこと
  • 冷蔵庫に入れることが重要

逆に言うとこの3点を守れば冬季は57日間も生の卵を食べられると言うこと。

賞味期限のシールも貼られていますが、あれらは全て夏季の賞味期限を元に算出されているのです。

殻が割れていた場合などはそこから雑菌が内部に入り当然賞味期限が短くなります。

また適切な温度管理(冷蔵庫にて)がなされていない場合はどんどん傷むのが早くなります。

また、勘違いされやすい点として、茹でて火を通せば長く保存できると思われがちですが、逆に食中毒等のリスクが高まり極端に保存日数が下がります。

コメント

  1. […] 【主婦必見】たまごの賞味期限の真実【最長2ヶ月弱】生卵の賞味期限あなたの認識で生卵の賞味期限ってどのくらいの印象ですか?生で食べるなら3日。火を通すのなら1週間。私もそう […]

タイトルとURLをコピーしました