【電卓のE】桁が多くなった時に出るeはどんな意味?【簡単に解説】

雑記(No Genre)

電卓のeとは

電卓のEについてという事ですが、まず始めに結論を書いていきます。

例えば9999999999×9999999999と電卓に打ち込むと

↑のように表示されることがありますよね。

これは10のべき乗という意味らしく上の例で言うと

9.99…×10の19乗 という意味

つまり、99999999980000000000 になるという事ですね・・・
(正確には99999999980000000001のようですが)

少し桁が大き過ぎますので、もう少し低い桁で言うと

100×100 は10000になりますが、これをe+○の形で表すと

100×100 = 1×10の4乗 = 1×10^4 = 1×e+4

となりますね♪

電卓の機種によっては1e4などと表記されますが、基本的な考え方としては

eの後にる数字の分だけ0を後ろに足せば良い

というのが結論になります。

2+e7 だと 20000000

1.36987+e10 だと 13698700000

のようになります!

そして逆に -e と表記されることもありますが、これは-○乗をさしていますので、

2÷1000000 と入力した際に 2-e6 と表示されるのは

0.000002 という意味になります。

電卓のeについて【豆知識】

このeという文字は累乗を意味する《Exponentiation》という意味で

決して《Error(エラー)》という意味ではありませんので悪しからず(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました