【Twitter】リプライ(リプ)が重要と言われる2つの理由【インプ】

SNS関係

今回の記事は昨今Twitterで騒がれているリプの重要性というものについて個人的に体感したデータをお伝えしていこうと思います。

因みに以下の記事にもTwitterのシステムに言及した内容を書いておりますので、お時間の許される方は、本記事の読了後にでもご覧くださいませ!

リプライとインプレッションの関係性

まず初めにリプライとインプレッションという単語について簡単にご説明しますと、

リプライはユーザーがツイートした内容に対してのコメントの事を指します。

また、一般的にはリプと略されることが多いのでリプ=リプライとして覚えてください。

次にインプレッションですが、これは何人のユーザーがあなたの投稿(ツイート)を見たか。

もっというと他者の端末(スマホやPC)にあなたのツイートが映った回数と言い換えてもいいでしょう。

拡散力や影響力を持つインフルエンサーと呼ばれるような人はこのインプレッションが

100万~1000万ほどあるといいます。

1月に1000万回自分の文章を見られている。

ブログ基準で考えたら凄まじいことですね(´∀`)

それではそういったインプレッションを獲得するためにも必要かつ重要なリプライについてご説明していきます。

なぜリプライが重要なのか

これを語る前にまず筆者(ぎっとん:@infogitblog)のインプレッションをご紹介すると

こちらの記事を読んでくださった方はご存知かもしれませんが、年末から3月にかけてTwitterをお休みしていました。

お休みをする前のインプレッションは月間で70万ほど。

お休み中のインプレッションは月間3000ほど。。。

まずこの時点でアクティブでないアカウントは殆ど他ユーザーの目に留まることがないということがお分かりいただけたかと思います。

リプライをすると何が変わるの?

ここまで読んでくださった方はリプライとインプレッションが密接な関係を持っていることをお気付きでしょう。

その理由は2つあります。ここからは1つずつ説明していきますが、初めに簡潔に言うと

①リプ自体がインプレッションを稼ぐ
 (これはあまり意味がない)

②リプをすることで相手のタイムラインに自分のツイートが流れ始める

リプ自体がインプレッションを稼ぐ

という事。①については数字は稼げるけど、実質無意味な数字としてカウントするべきでしょう。

余談ですがインプレッションを稼ぎたいだけの方法なら先日投稿していますので、気になる方はこちらをご覧ください。

相手のタイムラインに自分のツイートが流れる

これは知らない方もいるかと思いますし、この記事の中でメインのお話になりますので、しっかり説明させていただきます。

ツイッターのシステム的にホームタイムライン※には交流の有るユーザーのものが優先して流れるようになっています。

※ホームタイムラインについてはこちらから

10人、20人しかフォロワーさんがいないうちは全員分を見ることが出来ますが、1000人、2000人ともなってくると中々全員の全てのツイートを見ることは出来ませんよね。。。

そこでTwitterが自動で親交の有る人の分だけを選別してくれるのです。

とてもありがたい機能であると同時に交流がなければ自分のツイートが相手に流れない事を意味しますので、厄介な機能でもあります。

しかし、定期的にリプを送り合っている相手は交流が有る相手として認識され、ホームタイムラインにあなたのツイートが流れます。

結果、インプレッションやエンゲージメントを貰うことができ、あなたの拡散力・発信力が高まっていると言えます。

おわりに

ダラダラと書いてしまいましたが、この記事で言いたい事は1つだけです。

有名に・人気になりたいのであればたくさんの人とリプを送り合おう!という事です。

因みに私はここ3日くらいリプを送りまくったお陰で

日間インプレッションが約200→約10000まで伸びました!

以前使用していた拡散部屋等はまだ使っていませんので、中々の伸び具合かと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました